• 三田村

動機づけ面接治療整合性尺度(MITI)の研修会を受講しました

動機づけ面接(MI)とは,元々,アルコール依存症を抱える人との効果的な面接スタイルとして開発,体系化されたもので,「変わりたい,でも変われない」というようなその人のなかでのアンビバレンスに焦点を当てた方法です。現在はアルコールの問題以外にも様々な領域で使われていて,「やりたい/やめたいけど、なかなか踏み出せない/やめられない」といったパターン全般に効果的な方法です。


動機づけ面接治療整合性尺度(MITI)とは,カウンセラーの会話のスタイルが動機づけ面接になっているかどうかを評価するためのコーディング・システムです。MITIでは、動機づけ面接を行った面談から20分を切り出して、その音声データのうちカウンセラーの発言に焦点を当てて評価します。逐語を使いながらも検討しますが、発話の字面よりも音声データとしての印象の方を重視するのがポイントとのことです。


MITIが存在することの良いところのひとつは,動機づけ面接を普段しているつもりでも「私がやっていることって動機づけ面接になっているんだろうか?」と自信がないというか悩んでいる臨床家にとって数値として,どの側面がどれくらいMIになっているかどうかという情報を提供できるところです。


研修会は,とてもアットホームな雰囲気で,楽しく学習することができました。参加者は大体皆さんMIのトレーナーや中級以上の実践家の方々でした。


MITIは実用面から見てもよくできたコーディングシステムで,こういった面接評価システムが存在することが動機づけ面接の発展を支えていることが伺えました。



*******************************

大阪 高槻のカウンセリングルーム

三田村カウンセリング・オフィス

最新記事

すべて表示

エモーション・フォーカスト・セラピー(感情焦点化療法/ Emotion-Focused Therapy)

東京で4日間「[国際認定] EFT Level1 トレーニング」というものに参加してきました。 EFT(エモーション・フォーカスト・セラピー,感情焦点化療法,Emotion-Focused Therapy)、とは、レスリーグリンバーグ博士によって開発された、その名の通り、感情に焦点を当てる心理療法です。「EFT Level1トレーニング」とはこのEFTを実践するためのセラピスト向けトレーニングです

© 2019 by Takashi Mitamura, Ph. D