• 三田村

ACTについて執筆した書籍が出版されました

最終更新: 2019年5月27日

担当した箇所:

第3章 介入技法 -> 2各種技法 -> B 認知行動療法のなかの「 9)「ACT」 」


ACTとは,アクセプタンス&コミットメント・セラピーという認知行動療法のことです。

症状の除去や軽減を目指すより,症状があってもその人が望んだ人生を歩めるように支援する心理療法です。



『公認心理師技法ガイド -臨床の場で役立つ実践のすべて』(文光堂)

https://www.bunkodo.co.jp/book/4YVILW8H7U.html …

編集主幹:下山晴彦(東京大学教授)

編集:伊藤絵美(洗足ストレスコーピング・サポートオフィス所長)

   黒田美保(名古屋学芸大学教授)

   鈴木伸一(早稲田大学教授)

   松田 修(上智大学教授)





********************************************

大阪 高槻のカウンセリングルーム

三田村カウンセリング・オフィス

最新記事

すべて表示

“意義のある人生"の実現を目指す心理療法:ACT

認知行動的アプローチがどのようなものかについては以前に書きましたが,認知行動的アプローチはいわゆる科学的であることを大きな柱においてきました。 科学的であろうとすることは,科学では扱いにくいテーマはあえて避けることが起こります。 科学では扱いにくいテーマとは一体なんでしょうか? それは,"生きることの意味"とか,「私」とは誰なのかとか,スピリチュアリティといったテーマです。 こうしたテーマは,それ

心理療法のなかでの認知行動的アプローチの特徴

心理療法には非常にたくさんの種類があります。 そこで,心理療法はよく,精神分析やユング心理学を代表とする力動的アプローチ,来談者中心療法やフォーカシングを代表とする人間主義的アプローチ,そして,行動療法,認知療法,認知行動療法を代表とする認知行動的アプローチの3つの大きな流れがあると言われます。 認知行動的アプローチの特徴は,認知理論や行動理論といった理論もあるものの,どちらかというと理論を擁護す

© 2019 by Takashi Mitamura, Ph. D