• 三田村

連載はじめました。「カップルセラピーは夫婦を危機から救えるか?」雑誌「こころの科学」(日本評論社)

更新日:6月4日

■新連載「カップルセラピーは夫婦を危機から救えるか」 (1) 夫婦(カップル)の危機!? 三田村仰 『こころの科学』2021年7月号



第1回の見出しは以下の通りです。

  1. この愛の〝消費〟期限はいつですか? [←5・7・5!] ─「離婚」は案外そばにある 

  2. 「産後クライシス」が待っている

  3. 想像以上に大きいカップル間の認識のギャップ

  4. では、いったい何が起こっているのか─夫婦それぞれの置かれた立場

  5. 想定する読者と本連載の指針


一言:シリアスな内容を,読者がなんとか持ち堪えられるように,明るいトーンで描いています。(却って深刻なムードが増さないかがちょっと心配です...)


https://nippyo.co.jp/shop/magazines/latest/6.html…



原稿内での引用文献ーーーー

  1. American Psychiatric Association: Diagnostic and statistical manual of mental disorders, 5th ed., Washington, DC, 2013 (高橋三郎,大野 裕監訳,染矢俊幸,神庭重信,尾崎紀夫,三村 將,村井俊哉訳:DSM-5精神疾患の診断・統計マニュアル.東京,医学書院,2014).

  2. Belsky, J., & Kelly, J. (1994). The Transition to Parenthood. Delacorte Press. 安次嶺 佳子 訳 (1995) 子供をもつと夫婦に何が起こるか. 草思社.

  3. Copen, C. E., Daniels, K., Vespa, J., & Mosher, W. D. (2012). First marriages in the United States: data from the 2006-2010 National Survey of Family Growth. Natl Health Stat Report(49), 1-21

  4. Cowan, C. P., & Cowan, P. A. (1992). When partners become parents: The big life change for couples. New York, NY, US: Basic Books.

  5. Doss, B. D., Rhoades, G. K., Stanley, S. M., & Markman, H. J. (2009). The effect of the transition to parenthood on relationship quality: an 8-year prospective study. Journal of personality and social psychology, 96(3), 601-619.

  6. Doss, B. D., Simpson, L. E., & Christensen, A. (2004). Why do couples seek marital therapy? Professional Psychology: Research and Practice, 35(6), 608-614.

  7. 海老原 嗣生 (2021). 人事の組み立て~脱日本型雇用のトリセツ~. 日経BP

  8. 平山順子 (1999). 家族を「ケア」するということ--育児期の女性の感情・意識を中心に. 家族心理学研究, 13(1), 29-47.

  9. 宇都宮博 (2014). 高齢者の結婚生活の質と心理的適応および余暇活動 - 関係性ステイタスの観点から -. 高齢者のケアと行動科学, 19, 45-62.

  10. 伊藤裕子 (2015). 夫婦関係における親密性の様相. 発達心理学研究, 26(4), 279-287.

  11. 伊藤裕子・相良順子 (2015). 結婚コミットメント尺度の作成――中高年期夫婦を対象に――. 心理学研究, 86(1), 42-48.

  12. Indicators of well being in Canada [Internet]. Ottawa: Employment and Social Development Canada. Family life - divorce; 2014 [cited 2014 Oct 14].

  13. Johnson, C. A., Stanley, S. M., Glenn, N. D., Amato, P. R., Nock, S. L., Markman, H. J., et al. (2001). Marriage in Oklahoma: 2001 baseline statewide survey on marriage and divorce. Stillwater: Oklahoma State University Bureau for Social Research. [Doss, Simpson, & Christensen, 2004より]

  14. Jackson, J. B., Miller, R. B., Oka, M., & Henry, R. G. (2014). Gender Differences in Marital Satisfaction: A Meta-analysis. Journal of Marriage and Family, 76(1), 105-129.

  15. 加藤司 (2009). 離婚の心理学―パートナーを失う原因とその対処. ナカニシヤ出版.

  16. 加藤道代・神谷哲司 (2018). 夫婦ペアレンティングの追跡研究 : 夫婦ペアデータによるAPIM分析から. 東北大学大学院教育学研究科研究年報, 67(1), 145-153.

  17. Kamo, Y. (1993). Determinants of Marital Satisfaction: A Comparison of the United States and Japan. Journal of Social and Personal Relationships, 10(4), 551-568.

  18. 狩野真理 (2013). 性役割観と夫婦関係満足度に関する質的研究 : 妻の視点から. 龍谷大学大学院文学研究科紀要, 35, 1-16.

  19. 柏木惠子・平山順子 (2003). 結婚の“現実”と夫婦関係満足度との関連性 ―妻はなぜ不満―. 心理学研究, 74(2), 122-130.

  20. Kitston, G. C. (2006). Divorce and Relationship Dissolution Research: Then and Now. Mark A. Fine & John H. Harvey (ed.) Handbook of Divorce and Relationship Dissolution: Volume 2 . Taylor and Francis. Kindle 版. Handbook of Divorce and Relationship Dissolution: Volume 2 (p.15). Taylor and Francis. Kindle 版.

  21. 厚生労働省 (2021). 令和2年中における自殺の状況.

  22. Kurdek, L. A. (1999). The nature and predictors of the trajectory of change in marital quality for husbands and wives over the first 10 years of marriage. Dev Psychol, 35(5), 1283-1296.

  23. Lin, E., Goering, P., Offord, D. R., Campbell, D., & Boyle, M. H. (1996). The use of mental health services in Ontario: epidemiologic findings. Canadian Journal of Psychiatry, 41(9), 572-577.

  24. Masland, S. R., & Hooley, J. M. (2015). Perceived Criticism: A Research Update for Clinical Practitioners. 22(3), 211-222.

  25. Raymo. J.M.· 岩澤美帆. Bumpass. L. (2005) 日本における離婚の現状ー結婚コーホート別の趨勢と教育水準別格差 ―人口問題研究. 61(3). 50-67.

  26. 内田明香・坪井健人 (2013). 産後クライシス. ポプラ社.






閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示

今回は,内田明香・坪井健人(著)『産後クライシス』(ポプラ新書)について紹介したいと思います。著者の内田明香氏はNHK報道局記者,坪井健人NHK制作局ディレクターをそれぞれされている方で,この本は,2012年9月にNHKの朝の情報番組で放送した内容が元になった書籍とのことです。 産後クライシスとは「出産から子供が2歳ぐらいまでの間に,夫婦の愛情が急速に冷えこむ現象」(内田・坪井, 2013, p.

妊娠,出産,そして育児は女性にとって,とてつもなく大きな人生のイベントと言えるでしょう。 子を授かり,育てることは一般的に,"望ましいこと"や"希望"として表現されることも多いですが,実際にはこのとき女性は精神的にも身体的にも非常に大きな挑戦を強いられることになります。 ちなみに,当然ながら,男性には育児はできても,妊娠,出産の大変さを体験することはできません。一方の女性の方は,妊娠によってこれま